すぐに会社を辞め、転職する若者が多かった転職ブームの時代から、転職についての考え方は大きく変わり、転職によるキャリアアップではなくキャリアクライシスに直面している方が大勢います。

2017年09月の記事一覧

家庭円満の演技で転職を成功させる

ある女性が夫との離婚を視野に転職活動をすることにしました。
それまでも彼女は共働きで子供を保育園に預けながら仕事をしてきましたが、夫がよそで浮気していることが発覚し、離婚を決意しました。
彼女は、離婚するために、今より収入の多い仕事に転職したいと思い、必死になって次の仕事を探しました。転職するまでは、離婚はできないと思ったためです。さらに、子供を守らなくてはいけないという母性からくるものでした。
しかし、転職するにあたり、夫婦関係が良好でないという点はマイナスポイントになると思った彼女は、面接時、円満な夫婦生活であると演技をしてうまく転職にこぎつけました。
本心としては、これから子供を抱えて母子家庭で家計を支えていかないといけないという追い詰められた状態で、精神状態は決して良好とは言えない状態でしたが、すべては面接に受かるために、明るい家庭であることを演じ、見事面接に合格しました。
とにかく、面接を突破しないことには、入社できないということを十分理解しているからできたことでしょう。
確かに、面接時に自分の現在の状況を正直に話すこともよいことかもしれませんが、それを聞いて相手がどう思うかは予想ができません。面接の時に大事なことは、相手にどう思わせるかということです。自分の現状をただ聞いてもらうだけでは、ダメなのです。
そこにはもしかしたら、現実と違う演技の部分もあるかもしれません。しかし、その演技力こそ、大事な社会人としての応用力なのです。社会で生きていれば、本音と建て前というのはどうしても使い分けなければいけない場合があります。
それをきちんと理解して必要な時にはそれなりの演技ができる大人のスキルも必要となってきます。

続きを読む

塾などの教育現場での転職活動のメイク

塾の面接などのある程度かしこまった転職活動の場面では、ナチュラルなメイクをするようにします。あくまでも教育現場なので塾のスタッフや保護者、生徒にも好感を持ってもらうメイクをします。
まず洗顔をして、皮脂や汚れをしっかり落としておきます。たっぷりの泡を作って、優しく洗うようにします。泡を洗い流したら化粧水や乳液で肌を保護して、メイクが綺麗に仕上がる土台を作ります。次にピンクの下地を使って、肌に透明感を出します。下地を使うことで肌を均一にしてくれて、誰からも好かれるような透明感のある肌に仕上げることが出来ます。シミやくすみが気になる部分はコンシーラーで隠して、肌の質感を整えます。ファンデーションはリキッドタイプのものを使って、顔全体に薄く伸ばします。余分なファンデーションを取り除くためにも、ティッシュで顔全体に軽く押し付けます。
肌の土台を作ったら、シューティングやハイライトで陰影を作ります。チークは華やかなピンクではなく、頬にほんのり色が付くようなピンクやサーモンピンクを選びます。目元はブラウンのアイシャドーでグラデーションを作って、アイラインは黒でまつ毛の隙間を埋める程度にしておきます。アイラインを太くしてしまうと華やか過ぎるので、細く描くようにします。しっかりした印象を作るためにもブラウンのアイラインではなく、黒のアイラインを選びます。またつけまつ毛は使わずに、出来るだけナチュラルに仕上げるためにもマスカラだけにしておきます。口紅は自分の唇に近い色で、顔色が良く見える色を選びます。華やかな赤や個性的な色は避けて、自然な色を使います。グロスは使わずに、ナチュラルに仕上げることが大切です。

続きを読む

エクステを扱う仕事や介護作業に興味があるなら転職を

学校を卒業し、地元の会社に就職したものの、仕事が自分に合っていないような気がすると感じている方があれば、思い切って転職することをおすすめします。
年齢が若い人ほど採用されやすいので、求人情報サイトで自分に合った仕事を見つけるようにしましょう。

エクステを扱う仕事がしたい人には、アイリストという職業が向いています。
目が小さいうえに細いので、鏡を見るのが嫌になるぐらい、目元にコンプレックスを感じている女性は多いですが、まつげの専門家であるアイリストが、まつげエクステを行えば、見違えるほど魅力的な目に生まれ変わることが出来ます。
短時間でスピーディーに目元を華やかな印象に出来るため、まつげエクステの需要は増えていますから、アイリストは常に多くのサロンで求人が募集されている状態にあります。
アイリストとして働くには美容師免許が必要ですが、すでに取得しているなら、求人情報サイトで募集を探して、問い合わせるようにしましょう。

介護士の資格があるなら、老人ホームなどの施設での求人を探すようにしてください。
日本はこれからますます高齢化社会に突入していくので、その分多くの介護士が必要になりますが、肉体的にも精神的にもきつい面があるため、離職者が少なくありません。
しかし最近は待遇が見直されてきているので、昔に比べると高い給与をもらえるところが増えています。
求人情報サイトで探せば、給与やボーナスが高くて、休日や休暇も多い施設の募集が見つかるので、良い条件のところがあれば、面接を受けてみるようにしましょう。
経験者は優遇されますが、未経験者でもOKという施設も多いので、体の不自由な人の手助けをしたいという方は、介護作業を行う職場に転職するようにしてください。

続きを読む

ネットワークに関連した仕事に転職する際の活動のコツ

ネットワークに関連する企業を中心として転職活動を行う際、ネットワークに関連した資格を保有していたり、エンジニアなどのITに関係している仕事の経験やスキルを持っている人が有利である傾向です。企業側は前職で培ったIT関連の仕事のスキルを重視していて、ネットワークに関係する仕事のスキルが高いほど優遇して採用する傾向なので、前職で活動してきた仕事の内容と成果を面接で自分の言葉でアピールする事が基本です。スタッフの募集を掛けている企業はこれまで培った経験やスキルの度合いを住している傾向ですが、他のスタッフと連携しながらシステムを構築したり、企業の外部で折衝を行いながら構築する事も要求されるので、業務を遂行する能力と折衝の能力の高さが採用の条件として重視している傾向です。ネットワークに関連した仕事の経験が浅い人や未経験の人は即戦力を求めている企業では採用を見送る可能性が高いので、転職活動を行う時には未経験者向けの求人に応募する事が望ましいです。未経験の人は即戦力で勝負できないので、仕事に対するやる気が高い事をアピールしながら、人間性の良さと行動力などの自分の個性を活かしながらアピールする事が望ましいです。仕事を円滑的に遂行する為に会話の能力は現場では必要ですが、現場での話を正しく理解しながら聞く能力も必要です。言葉のキャッチボールが整わないと仕事は成立しないので、話す事が苦手でも他人の話を聞く能力が長けている場合は聞く能力をアピールする事が良いです。営業職として応募しない場合は会話が饒舌でなくても構わないので、聞く能力がある事を鑑みながら自分の実績や個性などを自分でしっかりと分析を行っておく事が大切です。

続きを読む

検査や請負の仕事に転職をするときの注意点

検査や請負の仕事は、それなりにハードです。検査の仕事は、精密機器を扱っている場合、クリーンルームの中で行われることもあります。クリーンルームの中というのは、人によっては合わないという人もいます。クリーンルームの中はとても綺麗な空気ですが、それが逆に合わないという人もいます。また、クリーンスーツを常に身にまとって仕事をするので、人によってはそれが嫌だという人もいます。工場は24時間稼動であることも多く、交代勤務で夜勤の仕事が入ることもあります。夜勤の仕事についても、1年ももたずにやめてしまう人がいます。人間の身体は昼に活動をして夜に寝るようになっているので、夜勤の仕事は少なからず身体に負担がかかります。夜勤手当が25%~50%出ますが、それでも割に合わないと感じる人も多いので、よく考えてから転職をするべきです。

請負の仕事は、よく誤解されますが、派遣の仕事ではありません。例えば、自動車を作っているメーカーでも、すべてのパーツを同じ会社で作っているわけではありません。自動車に使う部品、カーナビ、タイヤなどは他の企業に発注しています。自動車メーカーから依頼を受けて、とあるパーツを作っている会社があったとします。その部品を作っている会社は、さらにパーツに使う小さな部品を他の企業に外注しています。このように、他社からの依頼を受けて、部品などを作る仕事を請負と呼びます。請負の契約は比較的長期で結ばれることも多いですが、いずれは仕事がなくなってしまうリスクもあります。また、派遣よりも法律が整備されていないため、保護が不十分であるという意見もあります。請負のメリットとデメリットをよく理解したうえで転職をしましょう。

続きを読む

塾で活躍する転職をして塾講師へ

勉強が得意で、自ら学ぶことも教えることも苦ではないというかたにおすすめの転職先は塾講師です。学力社会と言われている近年の日本において、塾は年々増え続けています。以前はアルバイト感覚で講師を勤めていた方も少なくなかったのですが、最近では講師もより知識を必要とされています。
塾の数が増えるほど、知識の高い講師へと人気が高まる傾向にあり、また近年では生徒の集中力を高めるような授業の内容も求められています。段々と授業を進めていくのではなく、その教科に興味が引かれるような話術や知識があると生徒の集中力はグンと高まります。
知識は興味を抱いたものが取得していくと言われています。勉強でも同じことが言え、引き込まれるような授業であればあるほど、生徒は興味を抱き、自然に心に残ることから予習や復習を自ら出来るようになると言えます。
勉学を仕事に活かせると言うことは、自らの知識取得にもなります。塾講師は将来に希望を抱いている生徒を正しい道へと導き出す重要な役割を担っています。大学は出たが、知識が豊富とはお前ないという方でも、話術があれば転職は可能です。中には勉学に全く興味がなく、親などの指示で嫌々塾に通っていると言った生徒もいます。そのような生徒にいかに勉学の楽しさと、問題を解くことが出来たときの爽快感を教えることが出来るかがポイントとなります。人に教えることが好きで、自分の知識を高める事にも熱意を抱いている方は塾講師に向いていると言えます。今後需要が更に高まることが予想される塾講師は、ただ教えるだけではなく、よりクリエイティブな技術を要します。人と接することが得意で話術に自信がある方も必見の転職先であると言えます。

続きを読む

林業への転職と「倍率」について

都会の喧騒とは無縁の仕事がしたい、そのような人におすすめの仕事が「林業」です。林業とは、日本の国土の7割以上を占める森林が健全に育っていくように、維持管理をしていく仕事のことです。最低でも50年で1サイクルが完結する非常に息の長い仕事で、樹木を伐採した後苗木を植え、健全な森林に育つように下草刈りや枝打ち、間伐などを行い、最終的に伐採して木材資源として加工するのが大まかな仕事の流れです。林業の現場では近年人手不足と高齢化が懸念されており、20代から30代の若い労働力が求められています。そのため、林業の倍率は低く、門戸の広い職業であるといえます。その分、仕事は大変ハードで危険性も高く、決して気軽に出来る仕事ではありません。ただ、自然相手の仕事のため、前述の通り都会の喧騒とは無縁で、ノルマに追われることもありません。人間関係に関しても、本音でぶつかり合える関係が築けるため、精神的なストレスに悩まされることもないでしょう。さて、林業に転職する際は主に3つのルートがあります。1つ目は、各地の森林組合の現場職員に加わること、2つ目は民間の林業会社に就職すること、3つ目は林業の第三セクターの職員になることです。どのルートで入る場合でも、事前に「体験コース」を受講していくのがおすすめです。各都道府県では森林作業の体験ツアーを実施しており、林業がどのような仕事なのかを肌で感じることが出来ます。給与形態は一般的なサラリーマンと異なり、働いた日数だけ給料がもらえる日給制、あるいは日給月給制を採用しているところが多いようです。1日あたりの日給は1万から1万5千円程度で、その他の条件は職場によって異なります。

続きを読む

転職でキャリアアップを狙うには

昔の日本では、一度その企業に就職をすると定年まで勤めあげるということが一般的でした。実際にそのような方々はたくさんいらっしゃいます。非常に素晴らしいことです。ただ現在の日本では、その実態がかなり変わってきています。欧米文化の流入によって、転職はまったく普通のこととして捉えられてきています。また世の中の経済情勢や企業の在り方、働き方なども大きく変化してきています。そのような中で一生同じ企業で働き続けることは、逆に難しいのではないでしょうか。一般的にひとつの企業の中でも、スキルアップのためにいろいろな部署を経験させられます。ある一つの部署や業種しか経験していなければ、少し時代の変化があった場合に対応できず取り残されてしまうからです。また同時に本人のためにもなりません。企業ではスキルを向上させるため教育制度が確立されているところが多く、マニュアルに沿った教育をしている企業があります。ただ長く働いている中では違う企業に行き、さらに自分自身の可能性やスキルを高めていきたい、という要求を持つ人たちが多くなっています。それだけ働き方も多様になっているといえるでしょう。日本人だけでなく、外国人と一緒に働くケースも増えてきています。そういった環境に身を置くことで、仕事のやり方や人間性の幅が広がっていきます。企業のグローバル化も進みますので、もっと視点を広げたいという気持ちが強くなるのでしょう。時代はどんどん変わっているのです。これからさらに転職する人が多くなりますが、単に今の企業が嫌だからという考えでは成功は難しいでしょう。現在の仕事をやっていても、具体的な別のことをやりたいために違う企業へ行きたい、という人ならばその目的が明確なためさらなるステップアップが図れます。自分のために具体的な目標を掲げ、次のステップを考えていきましょう。

続きを読む

安易な転職は不幸になる

求人サイトを見ても、ありとあらゆる業務で求人が行われています。仕事を選ばなかったらいつでも就職できると勘違いしてしまいますが、現実はそんなに甘くありません。今の職場の条件が悪いからと安易に転職をすると、思わぬことがたくさんあって、やっぱり転職しなければよかったことも多々あります。基本路線として今の業務をして改善できるものはないか考えましょう。できるだけ転職は安易にしないほうがいいでしょう。長続きしない人は組織には好かれません。人材を探すのも多額の経費がかかりますから、すぐにほかの会社に移籍してしまわれるのは困ります。自社の戦力になってもらうためにも、簡単にほかの職場に移ることは避けましょう。ただし、不満を抱えてどうしても改善されないと感じたら、積極的に転職をすることを考え行動を起こしましょう。求人数は絶えずたくさんありますから、不満を抱えたりストレスを感じているなら転職しない手はありません。そこまで自分自身で考え、頭の中で今の職場ではやりきったと感じることが重要です。単に給与が上がるからとか簡単に考えると、環境が変わるだけでもストレスを抱えることになりますから、安易に転職を考えることはオススメできません。自分の中で整理して、どうしても今の環境では改善の見込みがないことや不満が蓄積してどうしようもないときだけ、転職を考えるようにします。いくら求人数があっても、面接ではなかなか簡単に書類審査も通過しませんし、面接に行っても期待するような条件では求人はありませんから、転職をする際には一生懸命考えてから行動を起こし、悔いの内容に結果を出すことに固執していきましょう。人生は一度ですから、安易な行動は控えましょう。

続きを読む