すぐに会社を辞め、転職する若者が多かった転職ブームの時代から、転職についての考え方は大きく変わり、転職によるキャリアアップではなくキャリアクライシスに直面している方が大勢います。

2017年12月の記事一覧

出社や通勤はもう古い?現代はウェブ会議の時代へ

ウェブ会議システム導入の最大の利点は専用の機器が必要ないことです。
インターネット環境とパソコンやタブレットなどの端末があれば、導入後すぐに使用することができます。
ウェブ会議システムは一般的にいわれているように、会議のためにわざわざ出向いたり、出張する時間の短縮やコストをカットできる点ばかりが強調されることが多いでしょう。
システムを導入することで労働形態そのものを変えることも不可能ではありません。

営業職の場合出社してすぐに得意先に向かうのであれば、通勤時間を直接得意先回りに当て、業務連絡や細かなミーティングなどはウェブ会議で済ませることで、効率的な得意先訪問を行うことができます。
社員がスケジュールを管理できて会社が側がそれを把握できていれば毎日出社する必要がなくなり、社員側も通勤時間をそのまま得意先に直行できることで余分なストレスを減少することができます。

インターネットを利用するシステムは時代に適した労働環境を提供してくれます。
自宅内でこなせる仕事であればオフィスに出向く必要もなく在宅で処理するほうが効率がよいのです。
ウェブ会議システムをコミュニケーションツールや連絡手段として活用することで、わざわざ日報を書くためにオフィスに戻ってくる時間を他の業務に当てることができます。
前時代とはまた違った自宅内での働き方は、社員の負担を減らし業務へ集中できる雇用形態を確立することも不可能でなくなります。

ウェブ会議システムの魅力は社内会議だけにとどまらず、社員の行動範囲を広げることがさらに会社の新規取引先の開拓にもつながるサポートにも適しています。
客先から引き返して社内で打ち合わせを行う必要もなくなり、客先の購買意欲が上向いている瞬間にウェブ会議システムを利用することで会社側からのサポートも万全に行えます。
通勤を含めた移動時間をなくし、客先や移動先からの直行直帰が実現できることで社員を業務以外のストレスから解放し、更に業務に集中できる体制を会社側が確立することで勤務や雇用形態の変革にもつながります。

出社や通勤は予期せぬ出来事に遭遇することもあり、想定外のリスクをはらんでいる場合もあります。
専門職の社員に欠員ができることは、会社自体の損失にもなりかねないほどの影響を受けることになります。
どこでも仕事ができる体制は仕事が滞るリスクを減らして、社員が負担なく業務に集中できる環境作ることにあります。

続きを読む