すぐに会社を辞め、転職する若者が多かった転職ブームの時代から、転職についての考え方は大きく変わり、転職によるキャリアアップではなくキャリアクライシスに直面している方が大勢います。

2017年05月の記事一覧

ネットワークに関連した仕事に転職する際の活動のコツ

ネットワークに関連する企業を中心として転職活動を行う際、ネットワークに関連した資格を保有していたり、エンジニアなどのITに関係している仕事の経験やスキルを持っている人が有利である傾向です。企業側は前職で培ったIT関連の仕事のスキルを重視していて、ネットワークに関係する仕事のスキルが高いほど優遇して採用する傾向なので、前職で活動してきた仕事の内容と成果を面接で自分の言葉でアピールする事が基本です。スタッフの募集を掛けている企業はこれまで培った経験やスキルの度合いを住している傾向ですが、他のスタッフと連携しながらシステムを構築したり、企業の外部で折衝を行いながら構築する事も要求されるので、業務を遂行する能力と折衝の能力の高さが採用の条件として重視している傾向です。ネットワークに関連した仕事の経験が浅い人や未経験の人は即戦力を求めている企業では採用を見送る可能性が高いので、転職活動を行う時には未経験者向けの求人に応募する事が望ましいです。未経験の人は即戦力で勝負できないので、仕事に対するやる気が高い事をアピールしながら、人間性の良さと行動力などの自分の個性を活かしながらアピールする事が望ましいです。仕事を円滑的に遂行する為に会話の能力は現場では必要ですが、現場での話を正しく理解しながら聞く能力も必要です。言葉のキャッチボールが整わないと仕事は成立しないので、話す事が苦手でも他人の話を聞く能力が長けている場合は聞く能力をアピールする事が良いです。営業職として応募しない場合は会話が饒舌でなくても構わないので、聞く能力がある事を鑑みながら自分の実績や個性などを自分でしっかりと分析を行っておく事が大切です。

続きを読む