すぐに会社を辞め、転職する若者が多かった転職ブームの時代から、転職についての考え方は大きく変わり、転職によるキャリアアップではなくキャリアクライシスに直面している方が大勢います。

転職でキャリアアップを狙うには

昔の日本では、一度その企業に就職をすると定年まで勤めあげるということが一般的でした。実際にそのような方々はたくさんいらっしゃいます。非常に素晴らしいことです。ただ現在の日本では、その実態がかなり変わってきています。欧米文化の流入によって、転職はまったく普通のこととして捉えられてきています。また世の中の経済情勢や企業の在り方、働き方なども大きく変化してきています。そのような中で一生同じ企業で働き続けることは、逆に難しいのではないでしょうか。一般的にひとつの企業の中でも、スキルアップのためにいろいろな部署を経験させられます。ある一つの部署や業種しか経験していなければ、少し時代の変化があった場合に対応できず取り残されてしまうからです。また同時に本人のためにもなりません。企業ではスキルを向上させるため教育制度が確立されているところが多く、マニュアルに沿った教育をしている企業があります。ただ長く働いている中では違う企業に行き、さらに自分自身の可能性やスキルを高めていきたい、という要求を持つ人たちが多くなっています。それだけ働き方も多様になっているといえるでしょう。日本人だけでなく、外国人と一緒に働くケースも増えてきています。そういった環境に身を置くことで、仕事のやり方や人間性の幅が広がっていきます。企業のグローバル化も進みますので、もっと視点を広げたいという気持ちが強くなるのでしょう。時代はどんどん変わっているのです。これからさらに転職する人が多くなりますが、単に今の企業が嫌だからという考えでは成功は難しいでしょう。現在の仕事をやっていても、具体的な別のことをやりたいために違う企業へ行きたい、という人ならばその目的が明確なためさらなるステップアップが図れます。自分のために具体的な目標を掲げ、次のステップを考えていきましょう。